増えるリフォーム

どのような人が扱っているか

国家としては内需を拡大させるため投資の拡大を図っており、そのためには新築住宅を購入するよりも中古住宅を購入したほうが内需につながるのです。 そんな中古住宅ですが、普通はそのまま売られているわけではなく、一回リフォームやリノベーションを行って販売しています。販売は不動産会社が行いますが、たまに個人で行っているところもあるのです。個人で売買契約を行う場合には不動産のオーナーを見つける必要があります。誰が所有者(売主)かは登記を見ればわかるのです。

どんな商品やサービスがあるのか

中古住宅が増えてきて、しかも中古住宅に一定に需要があるならばリフォーム業界にも光が見えてきます。リフォームは全面的に新築の状態に戻すべく、柱以外のすべてを交換することもできます。 これに対してリノベーションは元の価値に戻すというよりも、機能面を重視して全く新しい間取りにしたりすることでその不動産の価値を上げることを目的としています。 しかし、リフォームにしてもリノベーションにしてもそもそもなぜ新しい形になり、新しくしたうえで付加価値を付けているのでしょうか。それはこの国の国民性にあります。国民の価値観としては中古住宅はあまり好まず、新しいものを好む傾向があるのです。それゆえ、中古住宅が需要のある状態にするには新しい状態にしておく必要があるのです。