増える工事

2階のエアコン工事は割高

エアコン工事には、取り付ける場合と取り外す場合がありますが、いずれの場合もエアコンの設置場所が2階の場合には、エアコン工事が大変になります。もちろん、室内機が2階にあっても、ベランダなどがあって室外機が近くにおけるのであれば、それほど心配する必要はありません。しかし、1階に室外機を置く場合には、2階から1階までホースを伸ばさないといけませんし、その分だけ化粧カバーも必要になります。また、外壁周りでの作業になりますので、人件費もかかります。また、1階の屋根に室外機を載せる場合なども屋根の上での作業が生じますので、別途費用がかかります。このように、単純に1階でのエアコン工事と異なり、2階の場合には様々経費がかかります。

2階に設置されるエアコンの増加

最近はエアコンを2階への設置も多くなっています。通常であれば、リビングに大きなエアコンを設置するだけですが、2階の寝室や子供部屋など、それぞれの部屋に1台ずつエアコンを設置している住宅も少なくありません。もちろん、新築の場合には、当初から各部屋にエアコンを設置することを前提に、室外機の場所を考えて設計されていますが、それでも、全てをうまく配置することはできません。そのため、2階の各部屋に設置されたエアコンの室外機を1階や1階の屋根に置かざるを得ないケースが増えてきているのです。