騒音防止のために

騒音対策を工夫しよう

騒音は人の話し声やテレビの音、音楽の音、ペットの鳴き声、赤ん坊の泣き声、夫婦げんかの声など様々です。 この騒音をいかに防ぐか、つまり騒音対策をするかどうかで快適な生活が保障されると言っても言い過ぎではないでしょう。 騒音対策として原始的な方法として隣がうるさい場合には隣の壁をたたいたり蹴っ飛ばして注意を促す方法があります。これはやる気と手足があれば無料でできますが、トラブルの元になることもあるのでお勧めしません。

現在の騒音に対する取り組み

騒音問題はそこに隣人がいる限りなくなりそうもありません。相手を教育して騒音がどれだけ迷惑になっているのかを教えて矯正すると言う方法が一番いいのですが、相手を動かすことはできないので、根本的な騒音対策とは言えないでしょう。 そこで、最近の騒音対策としてお気軽にできるのが防音カーテンを設置するというものです。この防音カーテンは、部屋を外から見られないようにするカーテンや日差しを抑えるカーテンとは違い、音を吸収する役割があるカーテンなのです。音を吸収するにはできるだけ質量のあるカーテンであることが大事です。また、防音壁を付けると言う方法もあります。ただし業者に頼むと作業料を取られてしまうので、自分で購入して設置すると言う方法が良いでしょう。